PR

参院選2019特集 政治

参院選第一声詳報 日本維新の会・松井一郎代表「徹底的改革で消費税上げずに教育無償化実現」

 結局、役所の中にばっかりお金使って、新しいサービスができない。おもてなしをできない。大勢の人をお迎えする環境が整えられないということで、どんどんどんどん衰退していた。

 でも、橋下(徹)さんが2008年に知事になり、僕がその後を引き継いで12年間、徹底して改革をやり、財源を生み出し、サービスを拡充し、街をきれいにしてきた。その結果、大阪は今、世界の都市の中でも、これは海外のメディアが言ってるんですけど、世界で3番目に住みやすい街だという評価をいただいたわけですよ。

 やればできるんです。改革で生み出した財源でわれわれは、この大阪において教育無償化を実現していきたい。ところが、やっぱりね、永田町の住民の皆さんにはどうも伝わりません。昨日も党首討論で、自民党・安倍(晋三)総裁、共産党の志位(和夫)さんまで。

 この10月に消費増税が行われる。でも増税しなくても現実に、大阪では私立高校の無償化は8年前からやってるわけです。今年4月からは吉村(洋文)前大阪市長が準備して、実行したんですけど、今年4月からは幼稚園、保育園、3歳から教育無償化実行しています。それでも大阪で皆さんに増税をお願いしていないんです。

 政治は結果責任。結果、見てもらいたい、全国の皆さんに。徹底して改革をやれば、消費増税なくても教育無償化は実現できるんですよ。安倍総理は今回の増税で教育無償化を実現すると言うんです。その前にですね、徹底的に行革して財源を生み出す努力をして、そして、どうしても社会保障費足りないときに、もう一度、国民の皆さんに判断していただく。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ