PR

ニュース 政治

参院選第一声詳報 共産党・志位和夫委員長「安倍政治サヨナラの審判を」

 この問題を追及しますと、安倍首相は制度の安定が必要だと言います。しかし、いくら制度が安定したって国民の暮らしが滅んでしまったらなんのための公的年金だということになるじゃありませんか。今でさえ貧しい年金をマクロ経済スライドでもっと貧しくしてしまう政策こそばかげた政策ではないでしょうか。

 共産党はマクロ経済スライドをやめて、減らない年金にするための具体的な財源策を示しています。第1に高額所得者優遇の保険料の仕組みを正すことで、1兆円の保険料収入を増やしてまいります。第2に200兆円の年金積立金を株価のつり上げに使うんじゃなくて年金の給付に計画的に使わせようじゃありませんか。第3に働く人の賃上げと正社員化を進めて、年金の支え手を強くして参ります。3つの合わせ技によって減らない年金にすることはできる。そして、低年金の方には年一律6万円の上乗せを行ってまいります。

 マクロ経済スライドで7兆円も年金を削るのか、それとも減らない年金にするのかが最大の争点です。共産党への一票で安心の年金への第一歩を踏みだそうではありませんか。

 消費税10%を許していいのかも大争点です。党首討論で中止を求めたところ、安倍首相は「内需は堅調だから予定通りやる」と言いました。皆さん、内需は堅調ですって。びっくりしますよね。いったい、日本経済のどこを見ているのでしょうか。8%への増税をきっかけに家計消費は実質25万円も減りました。働く人の実質賃金は10万円も減りました。内閣府の景気動向調査は2カ月連続で悪化じゃないですか。日銀短観の景況感も2カ月連続で悪化じゃないですか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ