PR

ニュース 政治

参院選第一声詳報 共産党・志位和夫委員長「安倍政治サヨナラの審判を」

 これをやるには財界に正面からモノが言える政党が必要です。こういう党が伸びることが皆さんの暮らしを守る確かな力になるのではないでしょうか。

 憲法も大争点です。安倍首相は「憲法を議論する党か、議論しない党かが争点だ」と言っています。これは争点そらしです。自民党は公約に早期の憲法改正を目指すと書いているじゃないですか。安倍9条改憲を許していいのかどうか。ここにこそ本当の争点があるということを訴えたいと思うのであります。

 安倍9条改憲のどこが問題か。自民党が取りまとめた9条改定の条文案を見れば一目瞭然です。この条文案は9条1項、2項の後にこう書いてある。「前条の規定は自衛の措置をとることを妨げない」。前条の規定は妨げないということになりますと、9条2項の制約が自衛隊に及ばなくなってしまうじゃありませんか。2項が残っても立ち枯れになる。死文化してしまうことになります。無制限の海外での武力行使が可能になってしまいます。このような恐ろしい道は断じて拒否しようではありませんか。

 安倍9条改憲の真の狙いはどこにあるんでしょうか。トランプ大統領が最近の記者会見でこう言いました。「日本が攻撃されれば私たちは日本のために戦う。しかし、米国が攻撃されても日本が戦う必要がない。変えなければいけないと安倍首相に話した」。安倍首相もかねてから同じ主張をしているんです。軍事同盟とは血の同盟だとはっきり言っているんです。世界中に展開する米軍に事が起きたら自衛隊が米軍のために血を流して戦う。そういう自衛隊にしていく。これが9条改憲の真の狙いだということを告発したいと思うのであります。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ