PR

参院選2019特集 政治

参院選第一声詳報 公明党・山口那津男代表「政治の安定に公明がなくてはならない」

 こうやって、無償化三本柱を公明党が進めることによって、実現することができたのであります。

 しかし、大きな財源が必要となります。そこで私たちの社会保障、年金、医療、介護に並んで子育て支援という4つ目の柱を社会保障に位置付けました。

 これを安定的に進めるためには財源をしっかり、安定的に恒久的に得られる財源が必要ということで、消費税を生かすことと致しました。この消費税をこの秋、10%に引き上げさせていただきますが、その税収を生かして、子育て支援を含めた全世代型の社会保障に消費税を生かさせていただく。そういう道を開いたのは、公明党なのであります。

 高齢者の皆さまに使っていた税を、これをはがして子育てのために使うというのではありません。新たに皆さまからお預かりする消費税をその子育て支援のために、新しく使っていく。そういう道を作るから、高齢者の皆さまも安心。そして若い世代をしっかりと育てて、将来の日本を背負っていただく人に育てて、さらには良き納税者として、その先の未来もしっかりと受け持っていただく。

 そういう道がこれからの日本にとって大事であります。そうした子育て支援も含めた全世代型社会保障、これを国民の皆さまの声を聴いて、道を開いたのは公明党であるということを強く訴えたいと思います。

 あわせてこの消費税を生かして年金が満額いただけないという方々に対しては、この年金生活者支援給付金、これも最高額で年間6万円差し上げる制度も10月からスタート致します。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ