PR

参院選2019特集 政治

参院選第一声詳報 立憲民主党・枝野幸男代表「生活を防衛する夏の戦いに」

前のニュース

公示日 街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表=4日午前、東京都新宿区(鴨川一也撮影)
公示日 街頭演説する立憲民主党の枝野幸男代表=4日午前、東京都新宿区(鴨川一也撮影)

 参院選が公示された4日、立憲民主党の枝野幸男代表は東京・新宿駅東南口で第一声を行い、「暮らしを守る。生活を防衛するための夏の戦いにしていこう」と訴えた。詳報は以下の通り。

 雨模様にも関わらず、お集まりいただいたり、足を止めていただいた皆さん、本当にありがとうございます。立憲民主党代表の枝野幸男でございます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 いよいよ、参院選がスタートした。安倍(晋三)政権が発足して6年半、確かに株価は上がった。日本の企業収益は過去最高、最も大きなもうけを出し続けている。昨日も日本記者クラブやテレビ局で、いわゆる党首討論を行い、こんなに良いんだという数字を安倍さんは、いつもいつも繰り返し言う。本当にこの6年であなたの暮らしは良くなったのか。日本の社会は良くなったのか。

 安倍政権の下で、確かに雇用は増えているかもしれないが、非正規雇用が300万人も増えて、全体の働く人の4割に達しようとしている。2人以上の所帯の中で、貯蓄がゼロという皆さんが3割を超えている。年収200万円以下の2人以上所帯、100万人増えて、1100万人を超えている。どうやって、老後のために、こうした皆さんは2000万円をためたらいいのか、ためられるのか。どうして、こんな状況の中で、消費税をさらに上げることができるのでしょうか。

 日本全体で見たら、いい数字はあるかもしれないが、皆さん、一人ひとりの暮らしは、暮らしの安心はどんどん壊されてきた。そんな6年半だったのではないでしょうか。皆さん、これ以上暮らしを壊されてはいけない。暮らしの安心を取り戻さないとならない。暮らしを守る。生活を防衛するための夏の戦いにしていこうではありませんか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ