PR

ニュース 政治

【G20議長・安倍首相会見詳報】(下) 首相「多くの首脳から緊張緩和への努力に強い支持があった」

 大阪市で開かれていた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の議長を務めた安倍晋三首相は29日午後、記者会見し、自身のイラン訪問について「多くの首脳から緊張緩和への努力に強い支持があった」と述べた。記者会見の詳報は次の通り。

 

 --世界経済のリスクを緩和するための処方箋を示すことができたか。G20の枠組みをどう改善すべきか。また、世界貿易機関(WTO)改革はどのようなスケジュール感で進めていくか

 首相「世界を取り巻く主要な課題について、意見の対立ばかりが強調されているといってもいい。意見の違いが強調されることによって政治的な意味を持ってくる。ある主張をしていると、その主張が通らなければ、政治的に負けたのではないか。実質とはだんだんかけ離れて、例えば、いろんな言葉を取った、取らないという結果になってしまう。その結果、共通の解決策が得られにくい状況になっているとの指摘もある。

 しかし、貿易や地球環境、防災といった課題については一部の国だけで対応することは困難だ。世界経済の約8割を占めるG20の国々が一堂に会して、共に課題解決に取り組んでいくことは大変意義が大きい。そのため、今回のG20サミットでは、日本は議長として、G20の持つ力を最大限に発揮するために多国間の対立を際立たせるのではなく、共通点、一致点に光を当てていく。粘り強く共通点を見いだすアプローチをしていく。そして、世界をより良い世界にしていくため結果を出していくことに力を入れました。

 多くの国々は、このアプローチに賛同していただいたと思っています。同時に、この2日間を通じ、議長国としての責任の重さを改めて痛感したところです」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ