PR

ニュース 政治

【G20議長・安倍首相会見詳報】(上) 首相「『大阪トラック』でWTO改革に新風吹き込む」

記者会見に臨む安倍晋三首相=29日、大阪市(ロイター)
記者会見に臨む安倍晋三首相=29日、大阪市(ロイター)

 大阪市で開かれていた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の議長を務めた安倍晋三首相は29日午後、会場となった大規模展示場「インテックス大阪」で記者会見し、「さまざまな課題について一気に解決策を見いだすことは難しい。それでも多くの分野でG20諸国の強い意志を世界に発信することができた」と強調した。記者会見の詳報は次の通り。

 

 大阪の地に世界中からリーダーをお迎えし、わが国が初めて議長国を務めるG20サミットを開催できたことを大変うれしく思います。世界は結束できる。そう信じて、精いっぱい議長役を務めた。さまざまな課題について、一気に解決策を見いだすことは難しい。それでも、本年のサミットで、多くの分野でG20諸国の強い意思を世界に発信することができたと思っています。どの国にとってもWinWin、そして未来に向けて、持続可能な成長軌道をつくる。私の思いはその一点でした。

 今、世界経済には貿易をめぐる緊張から下振れリスクがあります。こうした状況に注意しながら、さらなる行動をとり、G20は力強い経済成長を牽(けんいん)していく決意で一致しました。

 グローバル化が進む中で、急速な変化への不安や不満が国と国の間に対立も生み出しています。戦後の自由貿易体制の揺らぎへの懸念に対し、私たちに必要なことは、これからの世界経済を導く原則をしっかりと打ち立てることです。自由、公正、無差別、開かれた市場、公平な競争条件、こうした自由貿易の基本的原則を今回のG20で明確に確認することができました。

 他方で、WTO(世界貿易機関)の改革は避けられない。グローバル化、デジタル化といった近年の動きにWTOは必ずしも対応できていない。ビッグデータ、AI(人工知能)、第4次産業革命が急速に進む時代にあって、付加価値の源泉であるデータについて新たなルールづくりが必要であり、今回のサミットの重要なテーマでした。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ