PR

ニュース 政治

トランプ氏「日本は米国を守らない」 米FOXビジネスのインタビューで

G20へ出発するためホワイトハウスのサウスローンを通り抜けるトランプ米大統領=26日、ワシントン(AP)
G20へ出発するためホワイトハウスのサウスローンを通り抜けるトランプ米大統領=26日、ワシントン(AP)

 【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領は26日、米FOXビジネステレビとの電話インタビューで日米安全保障体制に関し、「日本が攻撃されれば米国は彼らを守ために戦うが、米国が攻撃を受けても日本はわれわれを助ける必要がない」と述べた。日米安全保障条約に基づく日本防衛義務に強い不満を示したものとみられる。

 米ブルームバーグ通信は3人の関係者の話として、トランプ氏が最近、側近との私的な会話で日本に米国を防衛する義務がないことを理由に、日米安保条約を「一方的」だとして、破棄に言及したと報道した。日米当局は報道の内容を否定している。

 トランプ氏は電話インタビューで「日本が攻撃を受ければ米国は第三次世界大戦を戦う。われわれは生命や財産をかけ、いかなる犠牲を払ってでも日本を守る。だが、米国が攻撃されても日本はその状況をソニーのテレビで見ていればいいのだ」と述べた。

 一方、シュライバー国防次官補(アジア太平洋安全保障担当)は26日、ワシントンでの講演でトランプ氏の発言に関し、「トランプ氏は、日米関係の強固さと安倍晋三首相との親密さを繰り返し語っている」と述べ、「特に防衛、安全保障面における関係は最善の状況にある」と強調した。

 トランプ氏は28、29両日に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて、28日に安倍首相と首脳会談を行うことにしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ