PR

ニュース 政治

海自と海保が南シナ海で初の共同訓練 中国牽制

南シナ海で合同訓練を行う海上保安庁の巡視船「つがる」(手前)と海上自衛隊の護衛艦「あけぼの」、「むらさめ」、「いずも」(後方左から)=6月26日、ブルネイ沖海空域(海上自衛隊提供)
南シナ海で合同訓練を行う海上保安庁の巡視船「つがる」(手前)と海上自衛隊の護衛艦「あけぼの」、「むらさめ」、「いずも」(後方左から)=6月26日、ブルネイ沖海空域(海上自衛隊提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 海上自衛隊と海上保安庁は26日、南シナ海で共同訓練を実施したと発表した。海自と海保が南シナ海で訓練を行うのは初めて。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺や南シナ海で海洋進出を強める中国を牽制(けんせい)する狙いがある。

 共同訓練はブルネイ沖の海空域で行われ、海自からは空母化への改修が決定した最大の護衛艦「いずも」など3隻、海保からは巡視船「つがる」が参加。海難災害支援に必要な通信訓練や、いずもの搭載ヘリがつがるに着船する人員輸送訓練で相互の連携を確認した。

 海自は4月末からいずもなどを南シナ海やインド洋に長期派遣し、沿岸国との共同訓練を通じて存在感を示している。一方、海保は尖閣諸島周辺での活動を活発化させる中国海警局の船に最前線で対処している。海自と海保の連携を南シナ海で示すことで中国への抑止力を高めたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ