PR

ニュース 政治

自民・二階幹事長、長島昭久氏の入党届受理

自民党本部で記者団の取材に応じる長島昭久衆院議員=26日午前、東京・永田町(森光司撮影)
自民党本部で記者団の取材に応じる長島昭久衆院議員=26日午前、東京・永田町(森光司撮影)

 自民党の二階俊博幹事長は26日午前、民主党政権で防衛副大臣などを務めた長島昭久衆院議員(57)=東京21区=が提出した自民党への入党届を受理した。長島氏は二階氏との面会後、党本部で記者団に対し「政治家として一から出直す覚悟で、自民党の一員として国家国民のため、将来世代のために全身全霊全力で働きたい」と述べた。

 これに先立ち、党本部で開かれた党都連の会合では、長島氏の入党について全会一致で了承された。長島氏は東京21区で自民党細田派の小田原潔衆院議員と過去3度戦っており、小田原氏が支部長を務めている間は同区での出馬はしない方針という。

 長島氏は平成15年の衆院選で初当選。29年に民進党を離れ、旧希望の党の結党に参加。30年の分党後は無所属だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ