PR

ニュース 政治

今後も追悼式で「反辺野古」主張 玉城知事に自民県議「あれは平和式典なのか」

沖縄県議会で答弁する玉城デニー知事=25日午前、那覇市
沖縄県議会で答弁する玉城デニー知事=25日午前、那覇市

 沖縄県の玉城デニー知事は25日の県議会で、23日の沖縄全戦没者追悼式で自身が読み上げた「平和宣言」で米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を批判したことについて「平和の思いを発信していくという県の方針はこれからも堅持していきたい」と述べ、今後も式典で辺野古移設に反対する考えを表明する考えを示した。

 自民党の花城大輔県議の質問に答えた。花城氏は「県は(式典の)主催者として目的を見失っている。基地問題を平和宣言にとり入れたら何が起きるかは玉城知事は想像できたはずだ。指笛が鳴り、来賓にやじが飛んだ。あれは本当に平和式典なのか」と追及した。

 これに対し、玉城氏は「平和を希求する思いから、基地の整理・縮小について全国、全世界に発信していく思いが必要であり、二度と戦争をしない世界を作っていくことを人々に呼びかける。そういう集会であるという趣旨も踏まえているものだ」と答えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ