PR

ニュース 政治

野党が方針転換 25日にも内閣不信任決議案提出で調整

臨時閣議に臨む(左から)茂木経済再生相、安倍首相、麻生財務相兼金融相=21日午後、首相官邸
臨時閣議に臨む(左から)茂木経済再生相、安倍首相、麻生財務相兼金融相=21日午後、首相官邸

 主要野党は21日、安倍晋三内閣に対する不信任決議案を25日にも衆院に提出する方向で調整に入った。当初は夏の参院選に合わせて衆院選を行う衆参同日選を誘引しかねないとして慎重だったが、首相が同日選を見送る方針を固めたことを受け、方針転換した。26日の国会会期末を控え、与野党攻防が激化している。

 首相は21日、首相官邸で公明党の山口那津男代表と会談し、衆院解散について「頭の片隅に今もない」と述べた。山口氏が記者団に明らかにした。

 こうした首相の姿勢を踏まえ、立憲民主党の枝野幸男代表は21日、岐阜市内で記者団に、24日の野党幹事長・書記局長会談で、不信任案の扱いを協議する考えを示した。最終的には25日に野党党首会談を開いた後、同日中に提出する段取りを描いている。

 一方、主要野党が提出した麻生太郎副総理兼財務相の不信任決議案は、21日の衆院本会議で、与党などの反対多数で否決された。参院に提出された麻生氏の問責決議案も同日の参院本会議で否決された。野党は同日、安倍首相に対する問責決議案も参院に提出した。与党は24日の参院本会議で否決する見通しだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ