PR

ニュース 政治

「人命第一に最大限の対応」 菅官房長官の会見全文

新潟県村上市で震度6強の地震が発生、記者会見する菅官房長官=18日午後11時11分、首相官邸
新潟県村上市で震度6強の地震が発生、記者会見する菅官房長官=18日午後11時11分、首相官邸

 菅義偉官房長官は18日夜、山形県沖を震源とする地震の発生に伴い、首相官邸で緊急記者会見を開き、「人命を第一に最大限の対応を行う」と述べた。会見の全文は次の通り。

 本日午後10時22分ごろ、山形県沖を震源とする最大震度6強の地震が発生した。震度6強は新潟県村上市を中心とした下越地方、震度6弱は山形県鶴岡市を中心とした庄内地方などとなっている。この地震に伴い、山形県から石川県の日本海側にかけて津波注意報が発表されている。注意報が発表されている地域の皆さんは海岸から離れて、安全な場所に避難してください。

 また新潟県の(東京電力)柏崎刈羽原子力発電所、宮城県の女川原子力発電所をはじめ、すべての原子力発電所について異常なしとの報告を受けている。人的被害の状況については現在確認中だ。

 山形県内で5900戸、新潟県内で3200戸の停電が発生しているとの報告を受けている。道路については、山形道の湯殿山(インターチェンジ)から鶴岡ジャンクション、日本海東北道鶴岡ジャンクションから酒田みなと(インターチェンジ)などで通行止めとなっている。

 このような状況を踏まえ、安倍晋三首相から午後10時30分に、早急に被害情報を把握すること▽地方自治体とも緊密に連携し、政府一体となって被災者の救命救助などの災害応急対策に全力で取り組むこと▽国民に対し津波避難や被害などに関する情報提供を適時、的確に行うこと-との指示があった。

 政府としては地震発生直後に官邸危機管理センターに官邸対策室を設置し、関係省庁の局長級による緊急参集チームを招集し、首相の指示を踏まえ、私も協議に参加して、人命を第一に最大限の対応を行うよう指示した。

 引き続き、強い揺れを伴う余震が発生する可能性がある。揺れの大きかった地域の皆さんは自治体などの避難情報のほかテレビ、ラジオなどの情報にも注意して行動していただきたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ