PR

ニュース 政治

千葉県のしんぶん赤旗購読 全国最多の120部から半減

 千葉県が今月1日時点で定期購読している共産党機関紙「しんぶん赤旗」の部数は55部で、昨年4月時点の120部から半減したことが18日、分かった。同日の県議会6月定例会で、中村実県議(自民)の質問に県側が明らかにした。

 中村県議によると、県と県教育委員会の各課、出納局、議会事務局の購読状況を調べたところ、昨年4月時点では「しんぶん赤旗」か、別建ての日曜版「しんぶん赤旗」の購読が計120部あり、47都道府県中最多だった。

 2番目に購読数が多い和歌山県が73部、3番目の兵庫県が68部で、昨年10月に中村県議が県議会で指摘して以降、同年12月と今年2、3月に各部局で購読の取りやめが相次ぎ、購読数が大幅に減ったという。

 今泉光幸県総務部長は「購読は情報収集の必要性により判断しており、購読中止も各部局の判断」と答弁。中村県議は「後戻りすることのないように引き続き注視したい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ