PR

参院選2019特集 政治

参院選 与野党幹部ら1人区に照準 同日選見送り公算

自民党鹿児島県連大会で挨拶する森山裕国対委員長。二階俊博幹事長(手前右から2人目)も駆けつけた=15日午後、鹿児島市
自民党鹿児島県連大会で挨拶する森山裕国対委員長。二階俊博幹事長(手前右から2人目)も駆けつけた=15日午後、鹿児島市

 安倍晋三首相が夏の参院選と合わせて衆院選を実施する衆参同日選を見送る方針を固めたことを踏まえ、与野党は15日、参院選の立候補予定者の支援を本格化させた。自民党と野党第一党の立憲民主党の幹部が勝敗の鍵を握る改選1人区に入って支持を訴えるなど、各党がそろって動きを早めているが、同日選への警戒感もいまだに残っている。

 「いい加減な勝ち方で国が良くなるのか。国を良くするには奮い立たなきゃダメだ」。鹿児島市で15日に開かれた自民党鹿児島県連大会に駆け付けた二階俊博幹事長は、参院選を念頭にこう力を込めた。大会には鹿児島選挙区(改選数1)の立候補予定者も出席し、県連会長の森山裕国対委員長は「何としても勝たせていただき、政治を安定させることが非常に大事だ」と訴えた。

 この日は菅義偉(すが・よしひで)官房長官も東京を離れ、福島市で開かれた福島選挙区(改選数1)の立候補予定者の集会に出席し「野党候補としのぎを削る戦いを展開している。今回も国会に送ってほしい」と呼びかけた。

 平成28年の前回参院選で自民党は福島選挙区で現職閣僚が野党統一候補に敗れ、党内には危機感が強いだけに、新元号発表で知名度が急上昇している菅氏が入ることでテコ入れをする狙いがあった。集会に先立ち、菅氏が福島駅近くで開かれた街頭演説会に立ち会うと、雨天にもかかわらず多くの聴衆が集まり、「待ってました」と声が上がった。演説が終わっても菅氏と握手を求める人だかりができていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

参院選ニュース速報 産経公式Twitter

ランキング

ブランドコンテンツ