PR

ニュース 政治

【政治デスクノート】TOKIO、吉本、大泉洋…首相の会食相手 5月以降に有名人急増 

その他の写真を見る(1/5枚)

 6月6日、首相公邸に一風変わった集団が登場した。元参院議員でもある西川きよしさんや吉本新喜劇のメンバーらだ。安倍晋三首相のモノマネが芸風のビスケッティ佐竹さんが“本人”登場前にイスに座ってあいさつをするという軽いギャグに始まり、吉田裕さんが上半身裸になって得意の「乳首ドリル」を披露。首相が「この前、松竹新喜劇で…」とボケるとメンバーらがコケるというコテコテの演出だった。

昼夜とも有名人・芸能人と

 メンバーの来訪は、4月19日に首相が大阪市中央区の吉本新喜劇の劇場「なんばグランド花月」の舞台に立ったことが縁だった。首相は大阪市で6月28、29両日に開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)のアピールのため、首相として初めて新喜劇に登場。その場で、座長のすっちーさんが「今度おうち行ってもよろしい?」とお願いしていた。

 メンバーらは公邸で昼食もともにした。実は同日夜、首相は公邸でゴルフの青木功プロらとも夕食をとった。首相の動向を記した産経新聞「安倍日誌」を調べた限り、政治家や財界人、一般の知人・友人を除くと、平成24年12月発足の第2次安倍政権以降、同じ日に公邸で芸能人・有名人と昼食、夕食をそれぞれとったのは初めてだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ