PR

ニュース 政治

埼玉県の上田知事、5選不出馬を正式表明 県政運営16年で幕

埼玉県の上田清司知事
埼玉県の上田清司知事

 埼玉県の上田清司知事(71)は15日、任期満了に伴う8月の知事選(8日告示、25日投開票)に出馬しない意向を正式に表明した。県庁での記者会見で「任期をもって知事の仕事を終了する」と明言した上で、5選不出馬の理由について「改革の成果とその方向性が出ている。令和の時代にふさわしい方に、新たな埼玉の時代を担ってもらうのがいい」と語った。

 上田氏は現在4期目で全国知事会長も務めている。衆院議員3期目から転身し、平成15年の知事選で初当選した。医師の確保や企業誘致に尽力し、貧困対策や治安回復などの分野でも実績を残した。一方、27年の前回知事選では、自ら定めた3期12年の多選自粛条例を反故(ほご)にして4選出馬に踏み切ったため、これに反発した県議会最大会派の自民党県議団との対立が激化していた。

 知事選をめぐっては、自民党埼玉県連が元プロ野球選手でスポーツライターの青島健太氏(61)に出馬を要請した。希望の党を離党した行田邦子参院議員(53)や国民民主党の大野元裕参院議員(55)が立候補を表明しており、共産党も独自候補の擁立を模索している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ