PR

ニュース 政治

【小池知事定例会見録】老後2千万円貯蓄「考えるよいチャンス」

 「それから、16日(日曜日)、檜原村と合同で、地域の住民の方々にもご参加いただいて、実践的に風水害対策の訓練を行います。檜原村は先日も大火災が起きて大変だったのですけれども、今度は水害の訓練を行います。具体的には、防災行政無線を用いました早めの避難を促す情報伝達訓練であるとか、介護老人福祉施設での避難誘導訓練、そして、先程の『東京マイ・タイムライン』を活用した避難、そして、どうやって作成するかといったセミナーなどを実施することといたしております。梅雨の時期でございますので、場合によっては、また集中豪雨が発生するケースもあるかと思います。都民の皆様一人一人が日頃から、大雨などの気象情報、それから避難情報にご注意いただきたい。また、適時的確な避難行動をとれるようにお備えいただきたいということでございます」

 「続いて、三宅島の三宅村でありますけれども、東京版のエコツーリズムを実施するということでお知らせいたします。三宅島の雄山でありますけれども、独特な自然環境と景観を有する活火山であります。平成12年に噴火いたしましてから、雄山の周辺は立ち入り禁止となっておりましたが、平成27年の6月に、最も低い噴火警戒レベル1となっております。

 そこで、今般、この雄山を活用した観光振興などへの地元からの期待もありまして、三宅島雄山周辺の自然の保護と、それから安全な利用のために東京版エコツーリズムを導入するということでございます。平成29年度から地元と調整いたしまして、自然環境の調査や必要なルールなど、検討を進めて、今日、東京都と三宅村の間で、『三宅村雄山一帯における自然環境保全促進地域の適正な利用に関する協定』を締結したところであります。エコツーリズムの実施に当たっては、この雄山の周辺で、自然に配慮した安全な利用を図ることから、立ち入りを制限する自然環境保全促進地域と利用ルールを定めてまいります。画面の中で緑色の大きい部分が自然環境保全促進地域となっておりまして、赤線のところがガイドさんを同伴して利用できる利用経路になっております。それから、利用ルールといたしましては、1日当たりの最大利用者数は40人と制限させていただいて、利用期間は4月から11月など、いろいろルールを定めた上で行うということです。今年度中に、東京都自然ガイドの養成講座の実施、そして認定を行います。そして、令和2年度からの本格実施となります。荒々しい火山と再生の進む緑の風景の対比をお楽しみいただけるのではないかと思います。ぜひ多くの方々に訪れていただければと思います」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ