PR

ニュース 政治

【政界徒然草】二階幹事長、参院選へ全国行脚 なぜか岸田派関係先に集中

自民党の二階俊博幹事長(春名中撮影)
自民党の二階俊博幹事長(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 夏の参院選を目前に控え、自民党の二階俊博幹事長が全国行脚を本格化させている。勝敗を分ける改選1人区のなかでも、山形や滋賀、秋田などとりわけ激戦が予想される地域に入り、自民党の支持団体や経済界の関係者を回って頭を下げた。これらの選挙区には、いずれも二階派(志帥会)と衝突を繰り返した岸田派(宏池会)の候補が出馬するが、二階氏は気にするそぶりを見せない。党を勝利に導けば、幹事長として今秋以降、4期目の続投の目も出てくるからだ。

 「必ず勝利をするという自信を持って、ことに臨んでいきたい」

 二階氏は10日の記者会見で、参院選に向けた決意をこう力説した。

 今回、改選を迎える現職が当選した平成25年の参院選は、自民党が政権奪還した直後に行われた最初の大型国政選挙で、同党は65議席を取り、大勝した。

 当時は32の改選1人区で与党候補が29勝2敗と圧勝したが、主要野党が1人区で統一候補をそろえた28年参院選では、野党が11勝をあげている。今回も野党は1人区すべてで候補を一本化した。

 安倍晋三内閣の支持率は50%前後と堅調に推移しているとはいえ、10月には消費税率の10%引き上げを予定するなど、与党は厳しい政策も抱えている。6年前に「これ以上できないほど議席を取った」(閣僚経験者)反動も見込まれるだけに、自民党は今回、厳しい戦いを強いられるとの見方もある。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ