PR

ニュース 政治

与党内で再び「解散風」? 野党への牽制

内閣不信任案決議案は「解散の大義になる」とする菅義偉官房長官(春名中撮影)
内閣不信任案決議案は「解散の大義になる」とする菅義偉官房長官(春名中撮影)

 安倍晋三首相は夏の参院選と合わせて衆院選を行う衆参同日選を見送る方針を固めたが、与党幹部は衆院解散の有無をめぐり、内閣不信任決議案の提出を模索する野党を牽制(けんせい)する意図を込めて、微妙な言い回しを繰り返している。

 同決議案は、菅(すが)義偉(よしひで)官房長官が「解散の大義になる」としており、自民党関係者は「野党が(国会会期末の26日までに)提出すれば首相は解散に打って出るのでは」と語る。19日の党首討論で首相が解散に言及するとの見方も残り、与党幹部は「党首討論以降の日程は全く白紙だ」と述べた。

 野党側は疑心暗鬼を募らせているが、別の与党幹部は「解散風を吹かせていた方が野党への牽制になる」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ