PR

ニュース 政治

安倍首相、イラン大統領と会談 米との緊張緩和求める

歓迎式典でイランのロウハニ大統領(左)と握手する安倍首相=12日、テヘラン(共同)
歓迎式典でイランのロウハニ大統領(左)と握手する安倍首相=12日、テヘラン(共同)
その他の写真を見る(1/5枚)

 【テヘラン=沢田大典】安倍晋三首相は12日午後(日本時間同)、イランのロウハニ大統領と首都テヘランで会談した。首相は会談後の共同記者発表で、米国とイランによる軍事的緊張が高まっていることを踏まえ「偶発的衝突が起こることのないようイランが建設的な役割を果たすことが不可欠だ」と求める一方、「緊張緩和に向けて日本としてできる限りの役割を果たしたい」と述べた。ロウハニ師は「われわれは米国との戦争を望んでいない。しかし、戦争が始まれば徹底して対抗する」と述べ、米政府を牽制(けんせい)した。

 現職首相のイラン訪問は1978(昭和53)年の福田赳夫氏以来約41年ぶり。安倍首相とロウハニ師との会談は8回目。首脳会談は、両国と友好関係を築いている日本が中東地域の軍事衝突回避に貢献できるかが焦点となっていた。

 首相は記者発表で、イランの核開発を制限する2015年の核合意について「イランが引き続き順守することを期待する」と述べ、ロウハニ師は「核合意にとどまることを望んでいる」と語った。

 最高指導者ハメネイ師との会談は13日で、1979年のイラン革命後、日本の首相と最高指導者の初会談となる。

 首相は12日、イランへの出発前に羽田空港で記者団に対し「中東地域の平和と安定に向け、日本としてできる限りの役割を果たしたい。ロウハニ師、ハメネイ師と率直な意見交換を行いたい」と語った。

 首脳会談に先立ち、河野太郎外相はザリフ外相と会談した。国営イラン通信によると、河野氏は中東の緊張緩和に向けて「あらゆることをする用意がある」と日本の立場を表明した。

 首相は12日午前、羽田空港を政府専用機で出発。午後にテヘランに到着した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ