PR

ニュース 政治

【参院選2019】立候補予定者と選挙区情勢(7)鳥取・島根、岡山、広島、山口、徳島・高知、香川、愛媛

 ◆鳥取・島根 改選1(合区)

 合区となり、自民は鳥取選出の現職舞立を擁立する。島根への浸透が課題だが、知事選で保守分裂となった島根県連内のしこりはなお残る。共産は擁立していた別の新人を元衆院議員の中林に差し替えた。中林は野党統一候補として無所属で戦う。

 舞立 昇治 43 内閣政務官 自(破)現 【公】

 中林 佳子 73 元衆院議員 無   新 【共】

 ◆岡山 改選1

 自民の現職石井は4期16年に及ぶ知事時代の実績をPR。4月の県議選で保守系候補を応援するなど支持固めを進めてきた。野党は立民の新人原田で臨み、共産は新人の擁立を取り下げた。原田は出遅れによる知名度不足が課題だ。

 石井 正弘 73 元知事    自(細)現 【公】

 原田 謙介 33 元NPO代表 立   新

 ■改選2議席 独占狙う自民 広島

 ◆広島 改選2

 自民は、改選2議席の独占を狙う。6選を目指すベテラン溝手は着々と組織を固める。21年ぶりに2人目の候補となる新人河井は夫が衆院議員の河井克行。党本部主導で3月に出馬を決めたが、県連とは違和感が残る。国民現職の森本は公認から無所属に切り替え、立民の推薦を得た。共産は新人高見を擁立、政治団体「労働者党」の新人泉も出馬準備を進める。

 溝手 顕正 76 元防災相   自(岸)現

 河井 案里 45 元県議    自   新

 高見 篤己 67 党県常任委員 共   新

 泉  安政 66 元NHK職員 諸   新

 森本 真治 46 国民県代表  無   現 【立】【国】

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ