PR

ニュース 政治

芝消防署の免震「不適合」 KYB改竄問題

 油圧機器メーカーのKYBなどの免震・制振装置データ改竄(かいざん)問題で、都は10日、東京消防庁芝消防署(港区東新橋)の免震ダンパーが設計仕様に合致しない「不適合」と発表した。年内に新しいものに交換していくが、通常、安全上の問題はないという。都内で不適合と判断されたダンパーは初めて。

 KYBなどによる免震・制振用オイルダンパーの性能検査結果の改竄は、昨年10月に発覚。都は書き換え前の数値を復元する方法で検証を重ねてきた。

 芝消防署は地上9階、地下2階建てで、平成27年9月に完成。免震ダンパーを4本設置しているが、いずれも不適合だった。改修工事中も消防署の運用に問題はない。工事費はKYBなどが払う。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ