PR

ニュース 政治

米財務長官「為替条項、麻生氏と議論しない」

 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に出席するため来日したムニューシン米財務長官は8日、記者団に対し、9日に予定される麻生太郎財務相との会談では、意図的な為替操作を禁じる「為替条項」について「議論する予定はない」と明言した。米側は日本との貿易交渉で為替条項を求めており、今回の会談でも議題になる可能性が指摘されていた。

 一方、米中貿易摩擦の背景にある経常収支の不均衡是正に向け、日本が貿易収支以外の要素も考慮すべきだとしている点に関しては「中国市場が米企業に開放されておらず、公正な条件で競争できない」ことが、貿易問題を米国が焦点とする理由だと説明した。

 また、トランプ米大統領が28、29日に大阪市で開かれるG20首脳会議(サミット)にあわせ中国の習近平国家主席と会談する意向を示しているが、ムニューシン氏は「米中で取引が成立しなければ、追加関税を課す」とした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ