PR

ニュース 政治

JR東、ハイブリッド列車を令和6年度にも実用化

水素を活用する燃料電池を搭載した鉄道車両のイメージ(JR東日本提供)
水素を活用する燃料電池を搭載した鉄道車両のイメージ(JR東日本提供)

 JR東日本の深沢祐二社長は4日の定例会見で、水素燃料電池と蓄電池の両方を活用したハイブリッド列車を令和3年度内に完成させ、6年度にも実用化させる方針を明らかにした。

 最高時速100キロで、航続距離は最大140キロ。水素を充填(じゅうてん)するためのインフラが整っていることなどから、横浜市と川崎市の工業地帯を走る鶴見線が有力な候補という。

 ハイブリッド列車の実用化で、二酸化炭素排出量の削減などを目指す考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ