PR

ニュース 政治

【参院選2019】立候補予定者と選挙区情勢(1)残り「1」激戦、東京 自公手堅く、神奈川

 ■残り「1」 立・国・維4人激戦 東京

 改選数が5から6へ増えた。自民の2現職と公明現職、共産現職が手堅く当選するとの観測が広がる。元自由共同代表の現職山本も出れば、残り1議席を立民と国民、維新の4人による熾烈(しれつ)な戦いになりそうだ。

 自民は、3人目擁立を模索する動きもあったが、最終的には丸川と武見の2人で戦う方向だ。6年前はトップ当選の丸川は、都議らの支持を固め上位当選が濃厚な情勢。逆に最下位当選だった武見は医師・薬剤師関係などの組織票が頼り。

 公明は4選を目指す党代表の山口。党の威信を懸けて上位当選を目指す。共産は6年前に3位で初当選した吉良の再選に向けて、支持基盤固めに奔走する。

 政治団体「れいわ新選組」を設立した山本は一定の知名度があり、「再選は射程圏内」との見方が強い。ただ山本は比例代表への転出も模索している。

 立民は塩村と山岸の2新人を擁立。国民は新人水野で臨む。維新が3日、新人音喜多の擁立を発表し、最後の議席の行方はさらに混沌(こんとん)としてきた。

 社民は朝倉、幸福は七海をそれぞれ公認した。政治団体では「NHKから国民を守る党」が7人を擁立予定。「オリーブの木」から元衆院議員の小林が出馬表明した。

 【東京】改選6(1増)

 武見 敬三 67 元厚労副大臣 自(麻)現

 丸川 珠代 48 元五輪相   自(細)現

 山口那津男 66 党代表    公   現

 塩村 文夏 40 元都議    立   新

 山岸 一生 37 元朝日記者  立   新

 水野 素子 49 JAXA職員 国   新

 吉良 佳子 36 党中央委員  共   現

 音喜多 駿 35 元都議    維   新

 朝倉 玲子 60 労組書記長  社   新

 七海ひろこ 34 党広報本部長 幸   新

 山本 太郎 44 政治団体代表 諸   現

 石岡 隆治 45 元自衛官   諸   新

 大橋 昌信 43 元朝霞市議  諸   新

 神谷幸太郎 43 元会社員   諸   新

 小林 興起 75 元財務副大臣 諸   新

 佐藤恵理子 33 タレント   諸   新

 嶋谷 昌美 48 元議員秘書  諸   新

 牧原慶一郎 40 元会社員   諸   新

 山本 貴平 44 元会社員   諸   新

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ