PR

ニュース 政治

【話の肖像画】前統合幕僚長・河野克俊(64)(1)読書量が物を言う

離任式の最後は海自の礼式「帽振れ」で見送られた=平成31年4月1日
離任式の最後は海自の礼式「帽振れ」で見送られた=平成31年4月1日

 〈自衛隊制服組のトップとして4年半。米朝の軍事衝突も予想された朝鮮半島危機に直面しながら、重責は異例の長期に及んだ。退官から2カ月が経過し、緊張の糸が切れたのではないかと話を聞き始めると、現職当時と変わらぬ落ち着いた口ぶりだった〉

 公用の携帯電話を持たされなくなりましたから、生活のリズムは変わりました。それでも、北朝鮮やF35ステルス戦闘機のニュースなどを聞くと、まだ気になりますね。現役時代から「オンオフ」をきちんとするよう心がけていたので、疲れが出るということはないです。

 自衛隊は何かあれば即応体制をとり、それをローテーションで回す。常に休む人間をつくっておかないとならないんです。私自身もオンオフを心掛けていました。だから、在職中も緊張でつぶれるようなことはなかったし、辞めて糸が切れることもありません。

 〈オフを過ごすといっても遠出はできないが、河野氏の場合、身近なところにその方法があったという〉

 在任中はずっと官舎生活でしたが、近くにゴルフの打ちっ放しがあるんです。クラブを数本担いで、歩いて30分くらいの距離にあります。30分くらい打って、また歩いて帰ってくる。休みの日は、この1時間半でずいぶんリラックスできましたね。あとは仲間と酒を飲む。家で横になって本を読むことも多かったですね。

 〈かなりの読書家らしい。ジャンルは問わないが、明確な目的を持って読み、最初から最後まできちんと目を通すタイプ。人生の転換点にも書物があったという〉

 どちらかというと歴史物が好きです。小説も好き。月刊誌も週刊誌も読みます。極力、幅広く読むようにしています。自衛隊の幹部学校の講演などでも言っていたのですが、高級幹部は常に決断を迫られる。上になればなるほど、総合的な判断が求められます。だから、読書を幅広く積み上げている人間の方が、より的確な判断ができるかもしれない。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ