PR

ニュース 政治

【小池知事定例会見録】シャンシャン貸与延長「大変うれしく思います」

 「都は会員として参画をいたします。そして、初期の活動を支援するために、資金面、そして人員面でも支援を行ってまいります。これによって、世界に冠たる国際金融都市・東京の実現に向けまして、この組織の大きな役割を、エンジン役を果たしてくれることを期待いたしております」

 「次に、都営交通の運行情報データをオープンデータとして提供開始するというお知らせでございます。これは交通局のほか、多くの公共交通事業者などで構成されております公共交通オープンデータ協議会、これが今日から「公共交通オープンデータセンター」、この運営を開始するということでありまして、このセンターでは、公共交通事業者の時刻表などのデータを、どこで乗り換えるといったような乗り換えの案内ができるアプリといったサービスを開発しておられる方々いらっしゃいますよね。この方々にワンストップでデータを提供すること、その目的のためにつくったセンターでございます。都といたしまして、多くの交通事業者からデータが提供されることを、これからも期待するところでございまして、まずは隗より始めよということで、都が持っている都営交通の運行情報などをオープンデータとして提供するものであります。これでサービス開発者の皆様が、公共交通オープンデータセンターのAPIを利用されまして、最新のデータをつくられて、簡単で迅速なさまざまなアプリケーションやサービスを構築することができるものであります」

 「今回、オープンデータとして公開いたしますデータですが、出ておりますように、都営地下鉄、それから都バスの時刻表、それからGPSを活用した位置情報などになります。これらのデータを、開発者の皆様にご活用いただいて、ぜひ都民の生活が、より便利になるアプリであるとか、サービスの開発をどんどん進めていただきたいということであります。こうしたオープンデータの取組を進めることによって、以前から申し上げているSociety5.0、この実現につながっていくものと考えております」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ