PR

ニュース 政治

韓国産ヒラメ輸入検査強化「対抗措置ではない」 菅官房長官が強調

会見に臨む菅義偉官房長官=30日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=30日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は30日の記者会見で、政府が韓国から輸入するヒラメのモニタリング検査を強化することについて、韓国による日本産水産物の輸入規制への「対抗措置ではない」と強調した。

 6月から実施する今回の措置をめぐり、韓国側からは「特段の反応があったということは聞いていない」と話した。菅氏は検査強化について「近年、対象の輸入水産物を原因とした食中毒が発生しており、食中毒が増加する夏場を控え国民の健康を守るという観点から行う」と重ねて説明した。

 韓国は東京電力福島第1原発事故後、福島など8県の水産物の輸入規制を続けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ