PR

ニュース 政治

「質問妨害」への見解拒否 菅長官、東京新聞記者に

会見に臨む菅義偉官房長官=27日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=27日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官は29日午後の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子記者が質問の際、司会役の上村秀紀報道室長によって妨害されていると訴え、重ねて見解を求めたのに対し、回答を拒んだ。「その発言だったら指しません」と質問自体を受けない姿勢を示した。その後、望月記者は質問内容を変えることに同意したため、やりとりは続いた。

 望月記者は28日午後の会見で「先週から妨害が再開された。長い質問をした他の記者への妨害はない。狙い撃ちのようだ」と指摘。この際に菅氏は「全くそんなことはない」と反論していた。

 29日の会見で望月記者は再び見解を求め、菅氏は「そうしたことを質問する場ではない。会見は(内閣)記者会主催なので、問題点があったら、記者会に指摘してほしい」と拒否した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ