PR

ニュース 政治

日米首脳会談 冒頭のトランプ米大統領の発言詳報

日米首脳会談に臨む安倍首相とトランプ米大統領=27日午前11時06分、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
日米首脳会談に臨む安倍首相とトランプ米大統領=27日午前11時06分、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 27日に東京・元赤坂の迎賓館で行われた日米首脳会談の冒頭で、トランプ米大統領は日米同盟に関し「かつてないほど盤石だ」と述べた。「天皇、皇后両陛下にお目にかかることも大変光栄だ」とも強調した。発言の全文は次の通り。

 「今回の訪問でたくさん楽しい時間を過ごすことができたが、天皇、皇后両陛下にお目にかかることも大変光栄だ。ご即位という大イベントに私たちを招待していただき、本当にうれしく思う。上皇、上皇后両陛下にも前回お目にかかることができたが、今回も皇室の方々に親切にしていただき大変うれしく思う」

 「本日、日本と世界のさまざまな話題について話したい。もちろん今回の訪問の主な目的は天皇、皇后両陛下のご即位の祝福だが、今回これからさまざまな議題、経済や安全保障、北朝鮮などについて話す。米日両国の同盟関係はかつてないほど盤石なものであることをうれしく思っている。お互いに両国がコミットしていることは、その基盤になっているのではないかと思う」

 「安倍晋三首相からご即位について一緒に祝おうという話があったとき、202年ぶりの大イベントで、米国大統領が国賓として招待されることは大きなイベントだ。日本の歴史は素晴らしい。日本の文化と日本の国民は本当に素晴らしい。長い歴史を持ち、日本国民が勤勉さで繁栄してきたことをうれしく思う。私のよき友人、安倍首相とこれから一緒に議論することも心待ちにしている」

 「本日、安倍首相と主に3つの議題を協議する。安全保障、貿易問題、また北朝鮮、さまざまな問題について話す。非常にいい方向に向かっていると思う。北朝鮮ともうまくいくのでないかと私は感じている。間違っている可能性はもちろんあるが、最近の様子をみてよくなっていると思う。ロケット発射や核実験などが減っており、特に2年前と比べると、大きな改善といえるだろう。私が大統領に就任したときは核実験などをしていたので、最近ないのは大変いいことだ」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ