PR

ニュース 政治

トランプ大統領が羽田到着 日米首脳が同盟深化図る

羽田空港に到着し、出迎えた河野太郎外相(左)と握手を交わすトランプ米大統領=25日午後、羽田空港(川口良介撮影)
羽田空港に到着し、出迎えた河野太郎外相(左)と握手を交わすトランプ米大統領=25日午後、羽田空港(川口良介撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 トランプ米大統領は25日午後、大統領専用機で羽田空港に到着した。令和初の国賓としての来日で、28日まで滞在する。安倍晋三首相とトランプ氏は首脳会談のほかにも、ゴルフや大相撲観戦などプライベートでも行動を共にし、首脳間の信頼を強めるとともに、強固な日米同盟の関係をさらに深化させる考えだ。

 首相はトランプ氏に北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向け、日朝首脳会談の実現への支援を重ねて求めるほか、6月に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議への協力、法の支配をはじめ普遍的価値を重視する「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携も確認する見通しだ。

 両首脳は26日午前、千葉県のゴルフ場で、プロゴルファーの青木功氏を交えてプレーする。午後は両国国技館(東京都墨田区)で大相撲夏場所の千秋楽を観戦。格闘技好きのトランプ氏は土俵で優勝力士に「米国大統領杯」を授与する。同日夜は首相が都内の炉端料理店にトランプ夫妻を招待する。

 両首脳は27日午前に11回目の会談に臨み、日米貿易交渉についても意見を交わす。トランプ氏は会談に先立ち天皇、皇后両陛下と会見し、28日の帰国前には海上自衛隊最大の護衛艦「かが」を首相とともに視察する。視察には東、南シナ海で一方的な軍事行動を続ける中国を牽制(けんせい)する意味がある。

 トランプ氏の大統領としての来日は平成29年11月以来2回目。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ