PR

ニュース 政治

【小池知事定例会見録】地方との財源格差是正「工夫がない」

 --中野区の児童養護施設について、職員による児童への虐待があったと東京の弁護士会から勧告を受けたという点についてお伺いいたします。都としては、当時の調査方法ですとか、結論について問題ないという考えだということを伺っていますけれども、この勧告を受けたということで、改めて当時の調査方法を見直す必要があるのかというお考えと、また、今回、このような指摘が出たということについて、今後、調査方法であったりとか、虐待を認めるプロセスとか、そういうところの見直しというのが必要だとお考えなのかも含めて、お願いいたします

 「この件については、時系列に整理すると、平成25年に、国のガイドラインに基づいて、児童、職員から聞き取りを行ったと。それから、今年2月に、東京弁護士会から勧告書を都が受理したということで、都といたしまして、この施設の現在の入所児童に対しての調査を実施したと。現状では、虐待に該当するような事実はなかったということを、所管局で確認いたしております。一方で、その続編という形で、今朝、また記事が掲載されていたということでございますが、これもやはり平成25年当時の話で、東京弁護士会に対して勧告書の根拠などについても繰り返し説明を求めておりまして、そのご回答、まだいただいてはおりません。

 いずれにせよ、説明を受けた上で、子供さんの最善の利益、権利擁護の観点から、都として適切に対応していきたいと考えております。25年ですから、今から6年前で、子供さんがもう大きくなられている。少し時間がたってはいますけれども、それが普遍的な問題にならないような、そのような解を見つけていきたいと思っております」

 --品川区のいわゆる有料老人ホーム、サニーライフで、職員が入所者に対して暴力を振るって、結果、この男性の入所者の方、お亡くなりになりまして、捜査は警視庁のほうで殺人事件ということで捜査をしておりますが、他方で、この施設、保険が適用できる特定施設であり、そこの許認可は都が管理されているが、ここに対する都の取組、対応、その特定施設としての認定を外すかどうかという、その辺の議論はどうなっていますでしょうか

 「まず、こうやって大変なおけがをなさった上で亡くなられたご本人、そして、ご家族の方にお悔やみ申し上げたいと思います。

 この件に関しては、施設に対して警察が捜査を開始した後、都に対しても事業者から死亡事故であるという報告を受けております。本件、殺人事件の疑いがあるとして捜査中でございまして、都では有料老人ホームに対しまして、運営上の指導を行うということといたしております。捜査の進捗(しんちょく)状況を見ながら、それらの現地確認であったり、入居者の安全が実際に確保されているのかどうか、適正に施設が運営されているのかどうか、こういった大きな課題について都として指導を行っていくという考えであります」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ