PR

ニュース 政治

丸山穂高氏が衆院聴取欠席 休養2カ月の診断書提出

記者団の質問に答える丸山穂高議員=20日午前、国会内(春名中撮影)
記者団の質問に答える丸山穂高議員=20日午前、国会内(春名中撮影)

 北方領土を戦争で取り返す是非に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(大阪19区)は24日、衆院議院運営委員会理事会が求めた事情聴取を体調不良を理由に欠席した。丸山氏側は2カ月の休養が必要との診断書を提出した。議運委は病名を公表していない。

 理事会では高市早苗委員長(自民)と与野党の代表者が丸山氏を訪ね、事実確認することで一致した。丸山氏が拒否した場合、北方領土に同行した政府職員から聴取する方針という。

 丸山氏には、与党が譴責(けんせき)決議案を、野党6党派が辞職勧告決議案をそれぞれ衆院に提出。丸山氏は以前、辞職勧告決議案が提出されれば「こちらも相応の反論や弁明を行う」とツイッターに投稿していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ