PR

ニュース 政治

小泉純一郎元首相「憲法を衆院選の争点にすべきでない」 自民・二階幹事長らと会食

 自民党の二階俊博幹事長は22日夜、東京・赤坂の日本料理店で、小泉純一郎元首相や小池百合子東京都知事らと会食した。出席者は10月の消費増税や憲法改正を争点とした衆院解散は困難との見解で一致した。小泉氏は記者団に「憲法問題は選挙の争点にすべきではない」と述べた。

 自民党の山崎拓元副総裁と武部勤元幹事長も同席した。二階氏や小泉氏らが集まった会合は昨年4月以来となる。

 山崎氏によると、小泉氏は「原発ゼロ」を大義にした衆院解散はあり得るとの考えを示した。また、来年の都知事選について、山崎氏が「小池氏に対抗できるのは、小泉氏しかない」と話を向けたところ、小泉氏は「俺は絶対にでない」と否定したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ