PR

ニュース 政治

どうする内閣不信任案? 立憲民主・枝野代表は強気だが若手は弱腰

会見に臨む菅義偉官房長官=22日、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=22日、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉官房長官が「衆院解散の大義になる」と牽制した内閣不信任決議案の提出について22日、主要野党の党首から「受けて立つ」と言わんばかりの発言が相次いだ。とはいえ、こうした幹部の強気姿勢に対しては、選挙基盤が脆弱な若手・中堅を中心に懸念の声も上がり始めている。

 「いつ何どき解散があってもいいように備えておかなければならない」

 国民民主党の玉木雄一郎代表は22日の記者会見でこう述べ、衆参同日選に向けて万全の態勢を整える意向を示した。同時に「内閣不信任案を提出する前に、政権構想について野党間で調整が不可欠だ」と語った。

 共産党の志位和夫委員長も同日の記者会見で、安倍晋三政権について「内閣不信任案の提出に値する」と断言し、主要野党間で対応を協議する考えを示した。

 野党第一党の立憲民主党を率いる枝野幸男代表も最近、党会合などで頻繁に「ダブル選挙になればしっかりと迎え撃たなければならない」などと強調。周囲には「80%以上ダブルだ」とも語り、同日選への準備を加速するよう党内に指示を出してきた。

 ただ、枝野氏の強気な姿勢に対しては、選挙基盤がもろい衆院議員を中心に弱気な反応が相次いでいる。当選2回の若手は「前回の衆院選から1年半しかたっていない。『勘弁してくれよ』というのが本音だ」と強調。当選3回の中堅も「衆参同日選になれば“風頼み”で当選した連中はアウトだ」と述べ、深いため息を漏らした。

 こうした党内事情も念頭にあったのか、22日の党会合でマイクを握った辻元清美国対委員長は、普段の舌鋒鋭さを抑えてこう述べるに留めた。

 「政府は参院選だけで信を問うことはできないのだろうか…」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ