PR

ニュース 政治

【参院選】野党、8選挙区で候補一本化

野党5党派による幹事長・書記局長会談に臨む立憲民主党の福山幹事長(中央)ら=21日午後、国会
野党5党派による幹事長・書記局長会談に臨む立憲民主党の福山幹事長(中央)ら=21日午後、国会

 立憲民主、国民民主、共産など主要野党5党派は21日、夏の参院選を前に、32ある改選1人区の候補者調整を行う幹事長・書記局長会談を国会内で開き、山形、福島など8選挙区の統一候補を決めた。すでに愛媛など3選挙区で候補を一本化しており、残る21の1人区については来週開く党首会談での合意を目指す。衆参同日選の臆測が広がる中、候補一本化の動きがにわかに加速している。

 8人はいずれも新人で、栃木と群馬は立民、福井は共産がそれぞれ公認、残る5選挙区は無所属。立憲民主党の福山哲郎幹事長は会談終了後、記者団に「8合目まで来ている」と語り、調整が進展していることをアピールした。

 共産党の小池晃書記局長は会談後の記者会見で、合意した8選挙区のうち、すでに公認候補を擁立している山形や福島など6選挙区について「立候補を取り下げる」と明言した。

 福井で共産党候補への一本化が決まったことに関しては「3年前の参院選では香川だけだった。さらに広げたい」と強調。徳島・高知での共産候補への一本化にも自信をにじませた。

 8選挙区の野党統一候補は次の通り。(敬称略)

 山形=元アナウンサー、芳賀道也(61)▽福島=県議、水野さち子(57)▽栃木=元衆院議員秘書、加藤千穂(43)▽群馬=大学講師、斎藤敦子(51)▽新潟=弁護士、打越さく良(51)▽福井=共産党県常任委員、山田和雄(51)▽三重=前県議、芳野正英(44)▽和歌山=弁護士、藤井幹雄(58)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ