PR

ニュース 政治

【小池知事会見定例会見録】丸山議員“戦争”発言「論外」「超ド級発言」

「東京マイ・タイムライン」をアピールする小池百合子知事=17日午後、新宿区の都庁(天野健作撮影)
「東京マイ・タイムライン」をアピールする小池百合子知事=17日午後、新宿区の都庁(天野健作撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

《5月17日午後2時から都庁会見室で》

【知事冒頭発言】

 「私からは、まず4本、お伝えいたします。『東京マイ・タイムライン』という、都民の水害への備えを確かなものにするためのキットを作りました。ご記憶のように、昨年の7月には西日本の豪雨がありました。そして、また、全国各地で大規模な水害が発生していることは記憶に新しいかと思います。そして、東京でいつ、このような水害が起こるか、いつ起こってもおかしくないというところであります。今週も、沖縄の与那国島では3時間で250ミリ、1時間で平均すると80ミリという大変な雨量を観測したのもつい最近であります。よって、水害が発生する前にいかに確実に避難できるかということで命を守ることができる。都民一人ひとりが日頃から、それぞれの置かれた状況を踏まえつつ、水害時の避難行動について考えておく、心構えを作っておくということは重要であります」

 「そこで、都といたしまして、このように都民が水害からの避難を考えるツールといたしまして、この『東京マイ・タイムライン』を作成したものでございます。中に入っている、これがキットの一覧になるわけですけれども、台風の場合、それから短時間の急激な豪雨の場合と、ちょっとゲーム感覚でも、これはシール状になっているのですが、それぞれ荒川に近いところ、神田川に近いところ、それぞれの状況が違いますので、それに合わせて、自分は1時間前にどうするか、2時間前だったらどうするか。急なゲリラ豪雨もありますが、少なくとも台風は予測がそれなりにできるということで、水害に対しての備えですね、これを一人ひとりが考えておくということを助けるツールでございます。この『東京マイ・タイムライン』というのは、避難に備えた行動を、今、申し上げましたように時系列に沿いまして、一人ひとりがあらかじめ決めておくということで、いざというときに慌てることがないようにするものであります」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ