PR

ニュース 政治

【安倍政権考】菅官房長官の「令和おじさん」ブームで政権にきしみ

 菅氏は普段から口数が少なく、感情を表に出すことはめったにない。それゆえ「菅氏があんなにうれしそうな表情をするのに驚いた」(自民党閣僚経験者)と話す人は多い。菅氏は記者会見で「ポスト安倍」への意欲を聞かれると「全く考えていない」と繰り返すが、今、その言葉を信じる人は永田町にいないだろう。

×  ×

 4月の統一地方選の結果も菅氏への警戒感を増幅させた。大阪府知事選・市長選のダブル選は日本維新の会が圧勝したが、菅氏は維新の結党に深く関わった。国会運営では与野党対決型の法案採決でたびたび維新の協力を得て「強行採決」との批判をかわすなど、菅氏と維新代表の松井一郎大阪市長は盟友だ。ダブル選で維新の存在感が高まる一方、自民党は大阪府議・市議選で議席を減らしたことで、党内から「得したのは菅氏だけ」(中堅)との恨み節が聞かれるようになった。

 さらに、安倍政権で菅氏と互角の影響力を持つ麻生太郎副総理兼財務相は、保守分裂になった同月の福岡県知事選で擁立に関わった新人候補が大惨敗を喫した。首相の党総裁連続3選の布石を打った二階俊博幹事長も、地元の和歌山県議選の御坊市選挙区(定数1)で、二階氏の元秘書の現職県議が共産党の新人に敗れた。一連の選挙で麻生、二階両氏の影響力が衰えたことで、相対的に菅氏の存在感は高まった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ