PR

ニュース 政治

リクシル瀬戸氏「委任状争奪戦健全ではない」

記者会見するLIXILグループの瀬戸欣哉取締役=16日、東京都港区
記者会見するLIXILグループの瀬戸欣哉取締役=16日、東京都港区

 LIXILグループの前社長兼最高経営責任者(CEO)の瀬戸欣哉取締役は16日、都内で記者会見し、会社側と瀬戸氏ら株主側で候補者が割れている取締役の選任に向け、「どちらかの側の候補だけを選んでほしいという委任状争奪戦(プロキシー・ファイト)のようなことは、会社全体にとって健全ではない」と委任状争奪に否定的な考えを示した。一方、「株主提案の8人が選ばれるのが理想」とも述べ、大口の株主に対して株主提案の候補者の選任を求めていく方針を改めて示した。

 瀬戸氏は会見で、「潮田(洋一郎会長兼CEO)派とか瀬戸派とか、会社が分裂している印象を外部に与えるのは良くない。現実に会社が割れているわけではない。内紛や泥仕合と思われるのは良くない」と強調。会社側が提案している候補を批判することはせず、「株主の良識にお任せしたい。結果として(会社提案の候補者と)一緒に仕事をすることになれば会社を良くしたい」と述べた。

 一方、潮田氏の退任後のCEOとして「客観的に会社を継続できるCEO候補は私しかいない」と述べ、改めて経営者への復帰の意欲を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ