PR

ニュース 政治

イラン核合意維持へ協力 河野氏、緊張緩和に貢献

会談を前に握手する河野外相(右)とイランのザリフ外相=16日午前、外務省
会談を前に握手する河野外相(右)とイランのザリフ外相=16日午前、外務省
その他の写真を見る(1/2枚)

 河野太郎外相は16日午前、イランのザリフ外相と外務省で会談した。イランが米国による制裁再開への対抗措置として核合意履行の一部停止を表明したことを受け、合意維持に向け協力する考えを伝達。米イラン対立により軍事的緊張が高まっている中東情勢を巡り「緊張緩和に向けた努力を惜しまない」と述べ、情勢安定化に貢献する考えも示した。

 河野氏は「イランによる核合意の維持が核不拡散と中東の平和と安定にとって不可欠だ」と指摘。ザリフ氏は核合意から離脱するつもりはないとした上で、合意維持に向けた日本の協力に期待感を示した。

 日本は、トランプ米政権が核合意から一方的に離脱した後も、合意を支持する姿勢を貫いている。米国の同盟国で、イランとも良好な関係を維持する日本の立場を生かして緊張緩和を働き掛けたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ