PR

ニュース 政治

青森県知事選告示、現職と新人が一騎打ち

 任期満了に伴う青森県知事選が16日告示され、いずれも無所属で、新人で歯科医師の佐原若子氏(65)と現職で5選を目指す三村申吾氏(63)=自民県連、公明推薦=が立候補した。投開票は6月2日。

 両氏とも青森市内で第一声を上げ、支持を訴えた。

 選挙戦は4期16年の実績をアピールし、県政の継続を訴える三村氏に対し、佐原氏は多選による県政停滞の刷新を呼び掛ける。

 三村氏は現職として高い知名度を生かすとともに前回同様、政策協定を締結した自民、公明両党の厚い支持基盤と自身の後援会組織が連動。徹底した組織戦を展開する。

 市民団体「市民連合あおもり」が擁立した佐原氏は、野党4党の支援、応援を受け、草の根戦術で挑む。また、反原発団体などの支援にも支えられ、現県政の批判を強める。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ