PR

ニュース 政治

【政界徒然草】参院憲法審は開かれるのか 衆院側「苦労しても廃案に…」

 衆院側の与党には、国民投票法改正案の内容には主要野党も賛成しており、3国会にわたって審議されていることを理由に、与党のみで改正案を衆院通過させるべきだとの意見もある。

 しかし、与野党の合意がないまま参院送付となれば「それこそ参院憲法審が開けなくなる」(参院与党幹部)事態も予想される。昨年秋の臨時国会では、自民党の下村博文憲法改正推進本部長が、審議に応じない野党の態度を「職場放棄」と批判し、下村氏が衆院憲法審の幹事を辞退する事態に追い込まれた。

 憲法審の運営は与野党の合意が前提となっているが、主要野党はこれを盾(たて)にして、憲法改正の議論自体を遅らせてきた。与野党間に異論がないはずの国民投票法改正案でさえ、針の穴を通すような難しい交渉が必要となっていることは、国民投票の有権者である国民にどう映るだろうか。

(政治部 大橋拓史)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ