PR

ニュース 政治

青森県議会議長に森内氏、副議長に初の女性

 4月の改選後、初の青森県議会臨時会が13日開会し、正副議長が決まった。いずれも自民党会派で、議長は青森市選出の森内之保留(のぼる)氏(54)=当選6回、副議長には五所川原市選出の櫛引ユキ子氏(65)=同4回=が選出された。女性が正副議長のいずれかに就いたのは初めて。

 臨時会には先月の県議選で当選した48人が出席。議長選は森内氏が45票、副議長選では櫛引氏が39票を獲得した。就任後の記者会見で森内議長は「県の施策をチェックしながら問題解決に取り組む」、櫛引副議長は「女性の目線を大事にしていきたい」と、それぞれ抱負を語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ