PR

ニュース 政治

【G20財務相・中銀総裁会議】貿易摩擦回避へ独自の“処方箋”

G20首脳会議と関係閣僚会議の予定
G20首脳会議と関係閣僚会議の予定

 G20の財務相・中央銀行総裁会議は6月8、9日に福岡市で開かれる。緊迫感が高まっている米中貿易摩擦などが世界経済に与える影響を分析する。G20は会議で摩擦の背景にある世界的な「経常収支の不均衡」解決に向け、各国の経済活動に着目した独自の“処方箋”を示す。

 米国は貿易摩擦に関して、輸出から輸入を差し引いた貿易収支の赤字是正を目指している。しかし日本は経済関係の不均衡には各国の消費や貯蓄といった貿易以外の要素が大きく影響しているとの立場。米国が中国などの経常黒字国へ仕掛ける「貿易戦争」に真っ向から反対している。

 また、今回の会合では、米グーグルなど「GAFA(ガーファ)」と呼ばれるIT大手の課税逃れを防止するための「デジタル課税」のルール作りも議題の一つだ。

 会合ではIT大手のブランド力など無形資産から生じる利益に課税するという「米国案」を軸に対応策が議論される見通し。この中で、利用者の個人情報の価値を評価して課税する「英国案」を一部取り込むことなどを検討する方針だ。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ