PR

ニュース 政治

改元でシステムトラブル 名古屋市の保険証交付業務

 名古屋市は7日、改元に伴うシステムトラブルで、国民健康保険の保険証などの交付が一時できなくなったと発表した。同日午後1時ごろに復旧したが、市は窓口で交付できなかった244件分を郵送する。

 市によると、システムは7日に運用を始めたばかりで、同日朝に障害が判明した。中学生以下の子どもが医療費の助成を受ける際に必要な医療証も交付できなくなった。

 住民基本台帳システムのデータを西暦から和暦に変換する際、新システムでは昨年末までを「平成」、5月1日からを「令和」としていた。市は、元日~4月末分のデータが欠落していたことがトラブルの原因としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ