PR

ニュース 政治

【政治デスクノート】民主政権、強行採決のペースは安倍政権の倍だった

安全保障関連法案を採決した参院平和安全法制特別委員会は野党の反発でおおいに荒れた=平成27年9月17日、参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)
安全保障関連法案を採決した参院平和安全法制特別委員会は野党の反発でおおいに荒れた=平成27年9月17日、参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 国会の仕事を一言で説明すれば、法律を作ることだ。国民の負託に応えるため、議論を尽くした上で法案などを採決する。しかし、いつまでも議論していていいというものではない。日本の国会は会期制(通常国会は会期が決まっている)を採用しているので、限られた時間内で決めるべきことは決めなければならない。

 その際「強行採決」で決めることもある。野党が反対する中で採決することを指す。野党は「横暴だ」「民主主義をないがしろにする」などと訴え、政府・与党への批判が集まることが多い。

 では、その数はどれぐらいあるのか。以前、民主党政権と安倍晋三政権での回数を調べたことがあり、平成27年7月17日に

として掲載した。委員会に限定した回数を調べたのだが、こういうマニアックな?調査はあまりないようで、多少なりの反響をいただいた。そこで追加分を調べてみた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ