PR

ニュース 政治

日米首脳会談 日朝会談へ全面協力 G20来日、トランプ氏快諾

 【ワシントン=小川真由美、黒瀬悦成】安倍晋三首相は26日午後(日本時間27日午前)、米ワシントンのホワイトハウスでトランプ大統領と会談した。両首脳は北朝鮮による拉致問題の早期解決の重要性を改めて確認。首相は「次は私自身が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と向き合い、解決する」と述べ、日朝首脳会談の実現に向けた米側の協力を求めた。トランプ氏は「全面的に協力する」と表明した。

 首相は6月に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせた来日を要請し、トランプ氏は「楽しみにしている」と応じた。トランプ氏は5月25~28日に国賓として来日。3カ月連続で日米首脳が相互往来する。

 首相はトランプ氏が2月の2回目の米朝首脳会談で拉致問題を提起したことに謝意を伝え、金氏とのやり取りを聞き取った。会談に列席したハガティ駐日米大使によると、安易な合意をせずに会談を途中で打ち切ったトランプ氏について首相は「正しい戦略だった」と称賛したという。

 両首脳は朝鮮半島の非核化に向け、引き続き日米、日米韓で緊密に連携していくことで一致したほか、25日の露朝首脳会談などについても分析した。同行筋によると、トランプ氏は「プーチン大統領は北朝鮮の非核化に圧力をかけている」と評価したという。

 また、宇宙やサイバー空間など新たな防衛領域での連携強化を盛り込んだ外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)の協議結果を歓迎した。軍事、経済で台頭する中国を踏まえ「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた協力も確認した。

 一方、日米の新たな貿易交渉では、トランプ氏が農産物の関税撤廃や引き下げを求めた。首相はトランプ政権発足後、日系企業が新たに4万人超の雇用を創出したことなどを説明した。トランプ氏は5月中にも貿易協定を締結する可能性に触れ、早期合意に意欲を示した。

 会談の同席者によると、合間に首相がトイレに行く際、トランプ氏が「シンゾーは特別だから」と自身が普段使用しているトイレを案内したという。会談後、両首脳夫妻は夕食をともにし、誕生日を迎えた大統領夫人のメラニアさんを祝った。首相は27日午前(同午後)、トランプ氏と通算4回目のゴルフを行い、日米両首脳の親密ぶりを世界にアピールした。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ