PR

ニュース 政治

国由合併 党首が合意も国民民主側の了承遅延 「決められない政治」再び

両院議員懇談会に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表(前列右から2人目)=25日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
両院議員懇談会に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表(前列右から2人目)=25日午後、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)

 国民民主党の玉木雄一郎、自由党の小沢一郎両代表が25日、両党の合併に合意した。合意書への調印を経て自由党は近く総務省に解散を届け出る。国民民主党は同日、了承のための両院議員懇談会を開いたが、反発の声もあり26日未明にまで及んだ。

 自由党は、不参加を表明した山本太郎共同代表を除く衆参6人が国民民主党に加わる。合併に伴う党名変更は行わず、党代表は引き続き玉木氏が務める。

 山本氏を除く両党の議員数を合算すると衆院40人、参院24人の計64人で、79人の立憲民主党に次ぐ野党第2党となる。合併に反発する国民民主党側から離党者が出る可能性もあるが、最大でも数人規模の見通しだ。

 新執行部人事では小沢氏の処遇が焦点となる。要職に起用すれば反発を招く可能性があり、玉木氏は党内情勢を踏まえ慎重に判断する。党関係者は「少なくとも小沢氏の幹事長起用はない」との見通しを示した。

 玉木氏は合併後、野田佳彦前首相が率いる衆院会派との合流などを視野に旧民進党勢力の糾合を図る考えだが、成否は見通せない。両党は合併の期限を今月末としていた。

 自由党との合併構想をめぐり25日に開かれた国民民主党の両院議員懇談会は、合併慎重論や玉木雄一郎代表の交渉手法への不満が噴出し、深夜までずれ込んだ。執行部が採決に持ち込もうとするたびに反論が起き、連綿と続く「決められない政治」の体質を印象づけた。

 玉木氏と自由党の小沢一郎代表は25日、3時間以上に及ぶ詰めの協議に臨んだ。時間を割いたのは参院選岩手選挙区(改選数1)の候補者調整だった。

 国民民主党の階(しな)猛(たけし)憲法調査会長(党岩手県連代表代行)は、共産、自由、社民3党の地元組織が内定した人選に反発し、元衆院議員の黄川田徹元復興副大臣(65)を推している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ