PR

ニュース 政治

二階幹事長、習主席との会談後「米国の顔色をうかがうべきでない」

会談を前に、中国の習近平国家主席(右)と握手する自民党の二階幹事長=24日、北京の人民大会堂(代表撮影・共同)
会談を前に、中国の習近平国家主席(右)と握手する自民党の二階幹事長=24日、北京の人民大会堂(代表撮影・共同)

 【北京=藤本欣也】自民党の二階俊博幹事長は24日、安倍晋三首相の特使として中国を訪問し、北京で習近平国家主席と会談、安倍氏の親書を手渡した。習氏は6月の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に出席するため日本を訪問すると明言し、「サミットの成功を支持する」と述べた。

 二階氏は、北京で25日に開幕する中国の巨大経済圏構想「一帯一路」の国際フォーラムに出席する。

 日中関係筋によると、習氏は会談で、現代版シルクロード経済圏構想とも評される一帯一路に関し、「日本は古代シルクロードの終着点だった」と指摘、「日本の一層の参加と第三国での協力を期待している」と述べた。

 米国などは一帯一路の持続可能性や透明性について懸念を示しているが、二階氏は会談後、記者団に「今後も互いに協力し合って(一帯一路を)進めていく。米国の顔色をうかがって日中の問題を考えていくものではない」と強調した。

 今回の会談について、中国メディアは高い関心を示している。国営新華社通信は、二階氏が一帯一路に関し、「巨大な潜在力のある壮大な構想であり、日本は、中国がこの構想を通じて世界や地域に重要な貢献をしていると、積極的に評価している」と述べたと報じた。中国政府は今後、日本による一帯一路への「積極的評価」を対外的にアピールしていくとみられる。

 二階氏は29日まで中国に滞在し上海などを訪問する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ